高所が苦手な与作

「登りたくないなぁ。」(スネ雄の心の声)

敷地の奥に高々と伸びたケヤキの木を部分的に伐採します。

残念ながらユニック車が使えないので、切断は勿論、太い枝を降ろすのもロープを使って人力で行います。

この部分的って言うのがネックで、2階のベランダ側の枝を『夏場の遮熱対策として下側だけを残す』のですが、

枝を切って落とすのに下枝があると邪魔なんですよね。

さぁ、不安要素満載の伐採作業が始まりました。

怪我や物損を極力避ける為に、より高く登り、更に枝を細かく小さくして落とす必要があります。

高い所に行けば行くほど枝は細く恐怖心も増大しますが、木質が硬いケヤキだったお陰??で、細い枝(直径6cm前後)でも身を任せても折れません。

作業を進めて感覚さえ掴めてくれば、使命感が力になり、恐怖心が振り切れて動きがスムーズになります。

枝の落下で建物の破壊を心配する指示や、怪我の予防を気遣う声などは、作業に集中している自分の妨げに感じて来ます。

手引き鋸(ノコギリ)チェーンソーを使い分けて、ロープを木の股に通し、切断した枝や幹を縛ってスルスルと降ろして行く。

3人による連携プレーでここまでスッキリさせました。

何も破壊する事せず、怪我人も無し。

1.5tトラック1台の枝とストーブの燃料になりそうな薪が少々。

そこで、

時々、伐採作業で出る裁断した太い木が欲しい方を募集しています。

条件としては、ウチの作業場兼事務所まで裁断した木を取りに来れる方です。

無料で提供する代わりに配達等は一切致しませんので、興味のある方は連絡下さいね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中