下塗り〜仕上げまでの工程

塗ったそばから乾燥していたシーラーも1日経てば、ほらこの通り。

微妙な重厚感艶(つや)が出てコロニアルにシーラーが充分浸透しているのが分かります。

下塗り作業

ほんの少しだけ水を注入し塗料を希釈し、屋根の隅々までペンキが乗る(塗れるとか行き渡るの意味)ように、しっかりローラーで塗り付けて行きます。

下塗り時は、夏を思わす気温で屋上は地上より8℃前後は暑く、体感温度は真夏。

真上から照り付ける陽射しと、屋根からジリジリと伝導する熱に、首と足裏を焦がしながら、たっぷり1日掛けて塗り付けます。

気温が高い所為か、ペンキの渇きが異様に早くて刷毛やローラーが初日で再起不能になってしまう。

一晩寝かせた後

上塗り作業

渇きが異様に早かったからか?

色斑(いろむら)も無く、光沢もあり、1回塗りでも充分な仕上がり。

色付け仕切れてない部分や更に艶を増す為の仕上げ塗りを開始。

前回は気温の上昇がポイントになったが、今日は乾燥した北系の風が体感温度を下げ、ペンキの渇きを早めます。

更に、既存のペンキがほぼ剥がれ落ちたのが幸いして、コロニアルの縦縞模様(たてじまもよう)がクッキリ見え屋根を葺き替えた様な美しい仕上がり。

工事がビシッと決まれば文句は無いのですが、今日もペンキの影響でハケが1本再起不能になってしまったのが残念です。

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中