メンテナンスが如何に重要かが身に染みる画像

突風でトタンが捲れてバタンバタン

錆びまくった屋根のトタン部分が、強風に煽(あお)られバタンバタンと靡いて(なび)います。

このまま放置すれば、連動して他の部分にも影響が出ます。

週末の荒れる天気を目の前にして、急遽修理に入ります。

場所は1階で、距離にして300cm弱x幅60cmの外側部分。

既存の錆びトタンをもう少しだけ分解して下地の状況を把握

劣化の激し過ぎる下地部分のみを交換します。屋根のフレーム(唐草という)部分の桟を交換した

数年に1度の点検やペンキなどを塗ってメンテナンスしていれば、ここまで酷い(むご)状況にはなってなかったと思います。

既存のトタン部分を活かしつつ、最低限度の修理をした結果…

最低限度の下地補強⇨

防水紙(ルーフィング)を差し込む⇨

唐草(からくさ)トタンを一部交換⇨

唐草にフックするようにトタンを処理⇨

ボロボロのトタンを交換⇨

ネジ留めしてシーリング

今回飛ばされていない2階部分もチェック。

雨仕舞い(あまじまい)に無関心な業者の施工で、劣化具合は最強レベル。

次は呼び出されない様に、最低限の応急処置をして作業を終えます。

*強風、酸性雨、寒暖差のダメージから屋根の劣化を食い止める方法

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中