2018年を象徴する作業

曲がり階段に手摺りを取り付ける

平成30年上半期を象徴する作業の1つ

階段や玄関入り口の手摺りの設置

確か?今週の月曜日 も設置していましたね。

ブラケットを固定する為に板をネジ留め

最近はブラケット(板からニョキッと出ている棒を固定する腕木のことね)の取り付けを楽になるよう

壁に板を回す(貼り付ける)のがトレンド??です。

『コの字に曲がって降って行く階段』の手摺りの高さの割り振りに、かなり時間を要しました。

自分なりに計算し尽くして取り付けた板ですが

ジョイント部分の微妙な曲がり具合で手摺り棒の長さも変動し…省略

詳細な取り付け方法とか補助金の引っ張り出し方などは、別な機会 にしましょう。

面倒でもブラケットを仮留めして、上から順番に『切断、調整、固定』を1つ1つ完結して行き、その都度ブラケットを固定して行く。

曲がりくねった手摺りが完成

手摺りだけの取り付けで半日掛り

取り返しの付かないチョンボもなく無事に完成です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中