出口が見えない

漏水箇所は赤マル、給水管はその上の黒のバツの部分

これから浴室の漏水を修理します。

追い焚きの給湯器の脇にある赤い⭕️辺りが怪しいと踏んでいるのですが

壊す壁の穴を小さくするのに、ちょっとずつ上下左右にコツコツ広げます。

縦横90cm四方にバーンと切り取れば作業は楽チンなんですが

外側だけ壊して、内側のタイルには触れずに漏水を止める作戦です。

漏水箇所は赤マル2つ分右にズレてました。

手術と一緒で、開ける穴が小さい方が身体にも財布にも優しいので

コツコツやって穴を徐々に広げているのに中々給水管が見当たらず、半日かかってやっと顔を出した漏水の原因。

見つかったのは良かったんですが、鉄管は錆びサビ、狭くて工具が入らないし、何度も何度も

「外側から交換出来るんだろうか?やっぱり内側からタイルの床を壊して作業した方が楽なったかなぁ?」と、

自問自答を繰り返し半分諦めかけていた昼休み

塩ビパイプを鉄管とジョイント

その結果…

どうにかこうにか、外側からガスバナーとパイプレンチでグリグリ、ギリギリとやって、腐蝕した鉄管を外し塩ビパイプと交換。

出口が見えた瞬間でした。

どんな不恰好でも下地さえあれば

あとは適当にブロックなどで穴を塞いで

下地が硬化した翌日にモルタルで上塗り

モルタルで塗って、塗って、塗りまくってしまえば、コッチのものです。

下地を作って、1度硬化してから仕上げのモルタルに入ります。

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中