されどブロック3本

「こんな補修作業頼むのも申し訳ない」

この工事を紹介者してくれた、板金屋さんの口からこんな一言。

路駐した車を避けるのに、大きくハンドルを切り、死角になった境界ブロックに衝突。

ご覧の通り、ブロック3つが再起不能となり、それに隣接したブロックも角などが欠ける軽傷を負っています。

時々、ネットから見積もりを頼まれたりしますが、決まった試しがない補修工事の1つ。

見た目以上に高額に感じるんでしょうね。

降る予定のなかった雨の中☂️で補修工事が始まる

先ずは、余分なモルタルや欠けているブロックなど削ぎ落とし、材料を割り出て調達に出掛ける。

そして、ブロックを積み上げ、欠けている3箇所はモルタルで形成して既存ブロックと一体化

注:

欠けた部分は境界ブロックの所有者から見て外側で、ほぼ目に触れる事も無いので、モルタルで形成すれば充分だと判断しました。

「また、ぶつけられないように目印が欲しい」

所有者のワガママで、あ、イヤイヤ、要望で、とりあえず塩ビパイプを立てました。

フェンスが有れば良かったかも?

後で、好みの蛍光テープでも巻いてもらいましょうね。

請求金額ですか?……

ん〜、一人工くらいかな?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中