これからの必需品

70歳を過ぎた辺りから必要になってくるようです。

写真を見て頂けると分かるように、階段の右側の壁に黒っぽくくすんだ跡

階段を往き来する時に、手を突いて降りた形跡だと分かると思います

くすんだ跡を目安に高さを設定し、下地の垂木や柱を探り、ベースの板を貼り付けて行きます。

1日かけて下地を設置出来たら…

いよいよ本題に入ります。

高齢化率2位の街と言う不名誉な理由ばかりでは無いと思いますが、これからこう言った作業が増えて行く様な気がします。

曲がり階段は手摺りのジョイント部分(接続部分)の角度が微妙に合わず、ブラケット(手摺りの棒を固定する腕木金具の事)を何度も何度も移動しながら、取り付けが完了しました。

手摺り取り付け以外の事もチャチャっとこなし、2日で全工程を終了しました。

階段以外に廊下にも手摺りを設置

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中