バックしてドーン

縦から下に大きくひび割れ、笠木はポロっと外れている

先月のクソ慌ただしい(忙しいとは無理しても言わない)時期に、LINEで知人女性からの無料電話📞の着信。

何気なく電話に出たら、「車がぶつかって隣のブロック塀にヒビを入れてしまった」と。

電話だけでは状況が全く掴めるはずもなく、写真🤳を添付してもらい、確認してビックリ‼️。

高さは人間の背丈

今にも落ちそうな笠木

このブロック(同型の化粧ブロック)は今も存在するのか?

当時、現場を掛け持ちしていてゆっくり思考する余裕も無く、最優先は保険の手続きと分離したブロックを崩すのだけ年内に済ませておきました。

それからおよそ1ヶ月

解体したら想像以上にグズグズ

周囲からの入知恵もあり、微妙に残した化粧ブロック部分は全て撤去して新規に。

家主さん(被害者)と協議して、高さも少し低く抑え、同型のブロックに積み替えます。

ノルマの2段目に残り1本届かず

解体とブロック撤去→ブロックの遣り方→積む前の下拵え補強

現在の建築基準に照らし合わせたらインチキレベルですよ。

でも、もし、何かのキッカケで崩れてら『ヘタクソ呼ばわり』されるのは自分、見積もりの範囲内でやれる補強はガッツリ施しました。

太陽の恩恵を受けられる唯一の時間帯

ちなみに

2日目は汲み置きした水が凍る寒さ

この現場は昼の時間帯を除いて、ほぼ太陽が照る事はありません。

この2日間は、右サイドから吹き抜けていく北風と、足下からジリジリと伝わる凍土の冷たさに体温を奪われ厳しいコンディション。

既存ブロックより3段低く5段仕上がり

そんな中、何度か休憩を挟みながら、ご近所の差し入れに心身共に癒されて日暮れまでの作業。

予定通り、余裕ではなかったけども完成。

ブロック工事に関する相談はこちらから💁‍♂️

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中