小雪舞い火花散る

間口5.4m程の屋根付きスチール製ベランダを解体します。

数日後に大掛かりな外壁リフォーム工事を控えて、既存ベランダの延命措置ではなく、新規取り付けにシフトチェンジ。

足場が掛かる前に解体する事になります。

梯子の登り降りやパンチの利いた動作が伴う解体作業

多少動作が多くとも、小雪がチラホラの薄曇りの寒さでは作業するのも流石に厳しい。

手作業による解体は

重機中心のそれとは違って派手さは無く地味な作業の積み重ね。

多少、火花をビュンビュン散らす切断作業はありますが、必要最低限の工具を使い、地味に錆び付いたボルトナットを腕力でギュッギュッと反時計回し

無駄な動作を減らし、安全に配慮しながら進めるのが1番効率がいいんです。

新規ベランダ取り付けは、外壁リフォームの後で

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中