強力なバックエンド

先週…

門被りをジャッキアップして、柱の一部をモルタルで形成した続きになります。

あれから1週間が経過、モルタルもしっかりと硬化して表面も白くなって乾燥しています。

これから、モルタルにペンキを塗って『柱の様に見せる』のと、剥離しまくってる階段の『モルタルの塗り直し』です。

『階段の塗り直し』は元々、今回の工事には含まれていませんでした。

ただ、あまりにも剥離しまくってる為

こちらからあの金額で提案をしてみました。

家主さんはスネ雄の(柱を形成する時の)鏝捌き(こてさばき)を目の当たりにして即答でYes。

実際に剥がれた部分を取り除き、補修をやり出してみたら剥離具合は想像以上に深刻でした。

「あの金額では割に合わなかった。」

と思いつつも、

「出来る限りのサービスを提供した」

自己満足の狭間で、

門被りの補修工事は完了です。

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中