途方に暮れる

先週の月曜日

脱衣場の床が抜け落ちる程ベコベコしていて、張り替えをする予定でした。

それで、下地(垂木や大引き)の状態を確認するのに床を剥がしたところ、予想だにしなかった状況に遭遇してしまいました。

翌日に浴室の解体作業を予定していたので、その状況を目撃した瞬間に頭から血の気がスゥーと引くのがわかりました。

『床下が小魚が飼える程の水溜り』

水を抜き束と垂木掛けを増設

基礎に穴を開けて水抜きして、水分を含んでボロボロになった大引きや垂木掛けを全交換。

仮に蓋をして、様子を見て、指定された日に再び床下を覗くと

状況は前回とほぼ一緒

怪しいと思ったトイレの排水管に異常は無かった

水抜き穴が目詰まりを起こしていて、前回と同様の水溜り。

再び午前中に水抜きをして、午後から漏水の原因を探るべく床下に潜入。

トイレ、洗面所、洗濯機の各給排水管には異常が見つからない。

さぁ〜て、困りました。

それらしい原因が分からず、途方に暮れて街中をトラックで一周しても進展する筈も無く。

なんだか連休前の貴重な1日を無駄に過ごし

可能性はかなり薄いのですが、お風呂場のサッシ周りにシーリングを施して

本日も退散です。

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中