アクセルを加減して

こんな具合の場所2箇所を土留めする

某公共施設のインターロッキングが敷き詰められたテラスと、砂利道の境目がある事が発端で陥没しています。

3.11の影響があると思うんですが、建物の下の部分に空洞が出来て、雨が降る度にジワリジワリと土が地下に流出しているみたいです。

今回は予算の都合で、酷く陥没している部分2箇所だけの措置。

計画された事以外は出来ない

外注工事ですので、必殺の現場合わせは出来ません。

スネ雄側(施工者もしくは現場)の見立てでは「もう少し他の部分も手を掛けた方が良いのでは?」と感じます。

さぁ、

決められた予算と時間と範囲内で作業を進行します。

何度か色々な方法で対策は打って来たようですが、思った効果は無く縁石を外せば結構な空洞化です。

鉄パイプとガルバ鋼板で土留めとし、砂利の流出を抑えます。

実際やってみれば、思いのほか簡単に終わってしまいそうなので、『時間稼ぎ』しながら1箇所完了。

いつもと真逆の行動パターン

スネ雄が居ない間に、仕上がりをチェックした『偉い方』から「他の部分も直せないか?」と、

間に挟まれている人達の中で色々と話し合いがあった様子。

手直し(特にスネ雄達が)すれば綺麗になるのは当然の結果なのに、最初からそうすれば良いのに、後からゴチャゴチャ言って『間に人が入ってる』工事って

面倒臭いです。

予算が無いのに、(最初の見立て通り)追加になったついで作業もしっかりこなし、2日間で終わるように引き延ばした作業は完了です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中