思っていたより

掘削→抜根→ブロック解体→処分

まで、思っていたより無駄も無くスムーズに進行しています。

ブロックを積む準備を整え大谷石の天端部分を積み直す

ただでさえ大谷石とセメントの相性は良く無いのに、天端部分にブロックを乗せるのは…

今回は途中からの積み直しだったので、大谷石が割れても欠けてもそれを使う以外方法はありません。

割れた大谷石は丁寧に水洗いして接着剤入りセメントでピタッと密着

欠けた場所は欠片を接着か、モルタルで形成

午前中一杯掛けて並べた大谷石の上にブロックを積んで行く

真夏の西陽がガンガン降り注ぐ昼下がり、モルタルの乾き具合も丁度良い。

始めからここまで、地味な手作業の連続でしたが、自分の思っていたよりも早くブロック積みも終わる。

幾ら面倒な作業の連続でも、普段は今回の2倍の数のブロックは積んでいます。

最近、自分が感じている以上に他人をアテにし過ぎかな?と

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中