作業するよりも…

稲敷市の『超』の付くリピーターさんの家で、広さ8畳の部屋の床板の張替えです。

台風が来る(結果的に騒ぐほどではなかった)ので、予定より早く始めます。

下地はウチが受けましたが、仕上げのCFなどは家主さん自らが行います。

床板がフワフワする = (シロアリなどで)垂木が腐ってしまった。

と、ネガティブな発想に陥る人が多いみたいです。

緑の枠で囲った束の下の部分に湿気を吸い込んだ跡

上貼りする前に、床の一部を切り抜いて床下を覗いてみました。

匍匐前進(ほふくぜんしん)はしないまでも、ぐるりと見渡した結果

「現在は乾燥して、大引きや束(つか)の腐食も見られなく、害虫(シロアリ)も確認されません。」

↑ホームインスペクター的な見解です。

黄色枠の部分から顔を突っ込んで目視

と、言う事で、CFの下地のコンパネをパタパタ貼ってしまうと任務完了。

この現場では手より口を動かす時間が多かったですが、進路指導的な話しも多く、昼食も御一緒させてもらい

『超』の付くリピーターさんのお宅ならではの雰囲気でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中