気乗りしない

長時間の移動、作業が複雑、家主さんとの意思の疎通が難しい、作業の状況条件が悪いなど。

幾つか『気が乗らない理由』が重なると、相手が不便を感じているだろうなと思っても、お伺いが億劫になるのはスネ雄だけではないのでは?

見積もりを提出から1ヶ月以上

漸く工事にこぎ着けました。

軒先天井の重ね張り→テラス屋根の張り替え→床板の交換(上から順番に)と材料の調達の関係で日を開けながら続けます。

今朝は渋滞の影響で1時間以上作業開始が遅れる

テラスを解体後、予め色付けしたベニア板を鋸(ノコギリ)でカット、既存の軒天の上から重ねてネジで留めていく。

軒天がキレイになって喜ぶ室内犬

軒先天井の工事は「剥がすやり方」と「重ね張りするやり方」とを、現場の状況に合わせて使い分ける。

今回はベニアは剥がさず、下地にチョットだけ手を加え重ね張りとし、終了後に即ペンキの仕上げ塗りもしました。

蒸し暑い中、何度も何度も梯子を登り降りしながら、本日また一つ歳を重ねました。

最後までブログを閲覧して頂き有難うございます☺️

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中