考えてから行動に移すまで

レバーを上下させる度に埋没する混合水栓

このアングルからは伝わり辛いけど、キッチンの混合水栓がややお辞儀しています。

原因は中を見ないと分かりませんが、水栓の下地の補強が不足していると思われます。

シンクを手前に引き出して、水道の元栓をギュと閉めてから水栓を外し

陥没した原因を探ります。

リフォーム前はタイル貼りだった水栓周辺の下地は、石膏ボードの3重貼りで高さを調整していました。

水に弱い石膏ボードの重ね張りでは、混合水栓がガタガタになるのも無理ないか

ガタガタの原因さえ分かれば、強度と厚みを兼ね備えた下地作りへと移行します。

ある程度の仕上がりレベルに、手間とコストのバランスを考えながら、キッチンパネル分の厚みを引いた位置で下地を作成。

理想はキッチンパネルの2面貼り替えですが、今回は悪くなった所だけ

下地が出来れば、順番に復元すれば完了です。

終わってしまえば、『こんな感じ』ですが、頭の中で「ああしようか?こうしょうか?」考えて行動に移すまで、結構な時間を要しましたね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中