腹を括って 流山市

この1日で仕上がるか、残ってしまうのか、ギリギリの仕事量

準備出来る事は全て済ませておき、スチール製ベランダの屋根の張り替え床板の張り替えをします。

軒天の張り替え後に白く色付けした垂木を固定し、ポリカ波板トタンをハンマーでバンバン。

抜け落ちそうな箇所を板を並べてカバーしている現在の床板。

床板をバリバリ剥ぎ取って、下地の垂木を入れ替え、更にフレームの補強もします。

フレキ付きネジとキリ(ドリル)と併用して垂木を固定します

フレームは基本的にスチールですが、足元に何故か材木が?

肝心な所が『木』ってどういう事?

足元の支柱の補強はアルミ製角材を使用

鉄と木をネジ留めする

相反する物同士を固定する作業は『ひと手間』が必要なので、柱を補強して垂木を流すだけで随分と時間を使いました。

緑丸の部分にアルミの角材で柱としました

遠方で(相棒にキレられそう)二の脚を踏んでいた現場

残業手当ては出ませんが、思惑通りと言うか、予定通りと言うか、一連の作業が完了してホットしています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中