主役は諦めない

水が噴き出るイメージ

鉄管(ライニング銅管の通称)のLボ(コーナー曲がり)から漏水しています。

漏水を引き起こしているLボ周辺だけを交換するつもりで、被覆(黒テープで巻いた保温材)を剥がして見れば、ご覧の通り。

全貌を知って交換する自信を無くしました。

イヤもう、言い訳は出来ないし、覚悟を決め鉄管を切断して縦管を撤去しました。

ホームセンターを3往復し、事務所に2回も戻り、電話や専門家に相談に行ったりと、車の移動に大半の時間を費やして

叩いたり、バーナーで焼いたり、床下に潜入して外す箇所を変更たり

工具に『念』を込めたり、「絶対回る」と心で唱えたり、「キャプテンは最後まで望みを捨てません!」と、何処かのマンガのフレーズを思い出して

「鉄管は絶対外せて、お湯が使える」未来をイメージ。

お客さんが心配して

「今日お湯が使えなくても大丈夫よ。」と、

労いの言葉も、明日は予定が入っている為に、それは実質的に不可能な話し。

奇抜なアイディアも、強力な工具も、とっておきのスプレーも効果が出ない。

段々と夕暮れが近付き、基礎に大穴を開けてしまって現状は最悪

何だか心細く、焦って、全身から冷や汗が吹き出す

今夜お湯が使えなかったらどうしよう」

精神的がピリピリソワソワし出した頃

反時計回りに力を込めたパイプレンチが

「カクン」と動く。

精神的に何だかスーッと楽になり、漏水修理作業がココから始まります。

鉄管のチーズから耐熱用の塩ビ管でガツっと接続

片付けを含めた夕方の2時間で、漏水を止めて、お湯が使える状況には出来ました。

基礎の穴埋めは後からどうにでも出来るので、日没を迎えてここまで。

今回の様な色々な部分でギリギリの漏水修理は、当分は勘弁してほしいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中