頼もしい40代

『雨で強制終了』となった、平葺きトタンの張り替えの続きです。

  • 緑青(ろくしょう)の発生で緑色の銅板
  • 防水のルーフィングも緑色
  • 平葺きも現行の色に近い緑系

瓦を固定する泥が流出して

何処がキレイになったのか?」

ハッキリは分かりません。

手前の瓦を起こし、桟の部分までトタンを伸ばす

「ほらね。」

夕刻は西陽埃の付いた足跡で、何だかよくわからない。

割れた瓦の差し替えと、銅板と鉄板の取り次ぎが1箇所残っていますが問題無く終わるでしょう。

最初に屋根に上がった時は「自分じゃ手に負えない」と判断した屋根の張り替え。

時間の経過と共に色々なアイディアが浮かんで「張り替え出来そう」と意識も変化。

数年振りですが、平葺きトタンを1人力で張り終われそうです。

サラッと『1人で張り終わる』なんて言ってる40代の自分。

自信無さげの20代の自分が見てたら、『オッサン、やるじゃん!』と、頼もしく誇らしげに思うでしょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中