準備は着々 つくばみらい市

目見当ですが

重機でしっかり踏み固めて平らにした後、『割れ止め』と『水勾配』を兼ね備えた目地になる木を真ん中に一本バチッと通します。

ココを基準にコンクリートの厚みを差し引いた高さで整地をして行きます。

土間の中心部から上下左右に派生して行き、枠なども少しずつ形成

既存のカラー平板のカケラだけでは対応し切れず、想定以上の砕石がシャッター前のスペースに飲み込まれる

その場に合わせ

M工業さんと話し合しを詰めながら、チョットずつ準備の仕方を変化させる(ながら工法)2日目。

それから

3日目は、整地からコンクリートに絡むメッシュや境界に設置する衝立の準備作業へ徐々に移行。

手前に来れば来る程、足元のフェンスブロックが地上に飛び出し

高さ2mの衝立が風の影響で倒れないかが心配

重機の掘削で「削り過ぎてしまった手前のスペース」が、ノーマルの砕石だけでは、とても賄い切れない。

事務所に一旦戻って確保してあるコンクリート片を積み込み

更に建材屋で砕石を1台分購入したのにも関わらず、ほんの僅かに足りない

あと半日程度

時間を費やせばコンクリート打ち込み準備は完璧でしょう。

そして、仕上げの工程(コンクリート打設)はM工業さん達にお任せです。

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中