相棒に依存してる

雨の影響で翌日にリリースした、およそ30平米分のコンクリート打ち込みが始まります。

この日は忘れ物のオンパレードでした。

長靴や手鍬(てぐわ)にスコップ、持参したコンクリート凍結防止剤を入れ忘れそうになるなど、、、

「こんなにグズグズなのは何故?」と、自分に問い掛けたら

コンクリート打ち込み(昨年は6件の工事があった)自体、半年振りくらいだったのに気が付きました。

この日の作業は相棒頼み

相棒の予備の長靴を履いて一輪車押す

作業が『後手後手に回っている自分』が、『ちょっとおかしい』って感じながら

東面と玄関の一部(左側)にコンクリートを打ち込みます。

花壇の輪郭も完成。次回の準備も万端

何の因果か?玄関前の道路が雨水が溜まりやすいように凹んでいる。

道路の高さにピタッと合わせて、コンクリートをガッっと流せば、玄関前は水浸しになります。

そこで

定木をビシッと通して、間仕切りとしコンクリートの高さを均一に。

「何故、間仕切るのか?」って?

この先、舗装のやり直しをする際『定木より手前』を壊し易くして、敷地内のコンクリートを欠損を予防する為です。

今晩、駐車場スペースに肉球や輪立ちの跡が残らない様に、部外者侵入予防のバリケード(目印)を施しました。

残り20平米分程度のコンクリート打ち込みは、駐車場が使用可能になった後に予定しています。

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中