静寂な場所

先週の金曜日

月曜日(今日)に行う腐食した柱を切断してコンクリートで補強する現場の状況を視察。

遊びに行く当日の打ち合わせだったので、心は既にスキー場に向かっていました。

楽しんだ後の『ツケ』が

全て月曜日の朝になったので、スタートが若干遅い

『木枠を組んで、コンクリートを流す。』

単純な作業ですけど、柱4本の建物(建屋)が2箇所あって、合計で8箇所に木枠を組んでコンクリートを流す必要があります。

それなりの木工事と、それなりのモルタル作業、相反する材料や加工に必要な道具類もそれなり。

午前中に木枠を組み、既存の沓石(くついし)とコンクリートが絡むような下地処理をしておきます。

木枠が動かない様にコンクリート釘で固定して、あとはコンクリートを流すだけ。

『数が多いから、口で言うほど簡単には終われない。』

コンクリートが枠の中にしっかりと詰まるよう振動を与えたり、表面に浮き上がる水を吸い取りながら、こんな風に柱に馴染ませる必要もあります。

想像通り面倒臭かった

静寂な(せいじゃくな)霊園で日が暮れるまで

次の工程(仕上げ)を考えると、途中で止める訳にもいかず、どうしても本日中に8箇所の木枠にモルタルを詰める必要がありました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中