雲泥の差

邪魔な物を取っ払った後、本題の屋根の張り替えに突入です。

特注の全長6mのトタンを屋上に引き揚げるのも一苦労。

ここだけの話…

規格品は長くても4m程度、それがが2mも伸びれば、取り回しは困難。

トタンの表面に引っ掻き傷がチラホラ

新築なら怒られますよ。

1枚目のガルバ波板の端を10cm程度L字に折り曲げ壁に差し込み、歪みを調節しながら張り進めていく。

前日と比べたら、体感気温は天と地程の差。

横桟の鼻先3列はネジ留めで、残り5列はいつものステンレス釘打ちです。

ガルバとスパンが織りなす、断面のトライアングルゾーンに、風&鳥の巣対策の蓋もしました。

暴風対策も万全

屋根材を並べ、壁のトタンを固定して、既存の雨樋(縦方向のパイプ)を針金で固定

最初から最後まで、集中力を欠く事無く、縦横6mの屋根の張り替えが3日目に終了します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中