また、しくじる

入り口に伸縮門扉を設置予定

コンクリートから気持ちを切り替えて、伸縮門扉の設置になります。

出入りの勾配と予算と用途のバランスを考えて、通常ではあり得ない位置に設置予定。

配管が通っているらしく、慎重にコンクリートの掘削を始めた直後、触れると3番目にマズい配管を強打。

地下水の給水管をヒビ割れさせる

昨日に続いて『しくじる』

余計な配管工事をしてから、本題に入ります。

門扉は向かって左から右に走る(右柱)

コンクリートを砕き、深さ30cm前後の穴を掘り、柱を建てたら、足元をモルタルで仮に固定。

伸縮門扉の本体が接続する向かって左柱

朝一の『無駄な』配管工事が無ければ、スムーズだったであろう門扉の取り付け作業は、モルタルが少し水分が抜けて固くなってから更に進行する。

本体を折り畳んで紐で結び、柱の足元が硬化するまで一晩置きます。

出来る限りの取り付け作業を済ませ、柱と本体が動かない様に紐でギュッと結んで『最終的な』微調整は翌日に行います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中