目まぐるしい

敷地の一部を駐車場に

道路側に庭木やツタが蔓延る(はびこる)敷地の一部分を削って、車1台分程の駐車場を増設します。

先ずは邪魔なモノを

庭木、フェンスに絡まるツタ、敷地を囲うブロックやフェンスを合わせて1.5tトラックに山盛り1台分持ち出し。

庭木がなくなりサッパリ

ウチの場合は

道路を泥塗れ(どろまみれ)にしたくないので、通常なら(土の)掘削を終えてからブロックの解体ですが、今回は車1台分のスペースで重機の稼働範囲を確保出来ない為、土運びは最後に。

トラック1台分なんてあっという間

守谷市の現場では荷台一杯の土を積むのに2時間くらい掛かったのに、スネ雄とセブンティの会長と2人だって、ユンボが有れば30分程度で完了。

外構工事で1番大変な掘削作業は重機があればあっという間です。

ユンボによる掘削から締め固めまで

同町内を数回往復

残土を1台半分運び出し、明日の豪雨の前に現場から重機と道具を引き揚げ出来ます。

駐車場増設工事の初日は、目まぐるしい展開で一区切りします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中