本題の防草シート

コンクリートを打ち込む為の掘削作業

家主さん側の希望で、通り沿いの法面部分にコンクリートを流す為、間口15m×幅1mほど掘削していきます。

このザバーンと言う防草シートは、何度か施工もしていて定評もあるって周囲でも(法面やソーラーパネルの下など)良く扱っているのを見かけます。

防草シートを伸ばしてピンで固定

幅2mの反物状の防草シートを縦方向にコロコロ伸ばしてピン(二股のスチール杭とプラスティック製キャップ?)で固定。

50〜100cm間隔でピンを刺して固定するので、相当な数差し込んでいくわけです。

前回は薄曇りで作業するのに丁度良かったのに、それから5日経った今日は暑いです💦

緑のシートに緑のキャップ、緑のテープが有れば最強でしたね。

防草シートを3本半にピンとキャップは殆ど残らず、駐車予防のバリケードの鉄パイプを叩いて挿し込む。

GWの後半前に防草シートを完了

GW明けにコンクリートを流し、虎ロープ(黄と黒のシマシマ)を海で学んだ『巻き結び』でパイプに絡み付ければ完成です。

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中