第2部が始まる

およそ40平米のコンクリート工事

1年前、『寒』に入ってから行った工事の第2部の幕開けです。

道路拡張工事に伴う新規コンクリート工事は、予想しなかった事態に陥る。

道路の高さがイメージより…

20〜40cmくらい低くなって出入口にかけて勾配が付いてしまう。

既に見積もり額は1年前に確定しているので、余計な事(処分料やデザインの変更等)は出来ません。

車高が低い為コンクリートは現状に近い高さに

出入り口の勾配をキツくすると、車のバンパーを擦るので、『現状に近い高さ』に仕上げる必要があります。

「さぁ〜て、どうしようか?」

苦肉の策として、砕石の下の土を削り、庭の低い部分に運び入れ、既存の砕石で埋め戻して転圧します。

コンクリートの厚みを生み出す掘削

向かって左から右と砕石を削り、砕石下の混じりっ気なしの赤土を掘り起こして庭へ運び、ポッカリ空いた穴に砕石を埋め戻して重機で踏み固めする。

重機のオペレーションは会長に譲り、自分は残土片付けや枠組みと、地味な作業の連続で、心の奥底で府に落ちないもう1人の自分を確認する。

流石2人力は仕事が早い

重機と人力のコンビネーションプレーで、コンクリートの厚み(10cm)分をしっかり確保し、事前準備はほぼほぼ完了です。

本番は5日後です。

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中