全ては理想的に

ペンキの下塗りを早々に切り上げて

こんなに余裕を持って今日を迎えられたのは、前日のあの3時間のおかげかな?

朝一に1回目のペンキ塗りを終えて、午後から仕上げ(2回目)塗りに入ります。

午後からは太陽が顔を出し、気温も上昇。この適度な『照りつけ』と『湿り気』 が、生モノ(今回のセメントやペンキ)を扱う工事の仕上がりを向上させてくれる。

※今回仕上げに使った外壁塗料です。
仕上げ塗りを終えた1階

1回目は壁全体に色を染み込ませるイメージ、2回目はその上に色を乗せる感覚の作業と、色を重ねる度にローラーを転がす早さが増して行く。

そして15時を過ぎた頃

養生を剥がし壁の塗り替えは完了

一時は「梅雨のど真ん中で、スケジュールに無理があった」と思われた外壁塗装駐車場コンクリートは、理想的な形でピークを迎えました。

約50平米の駐車場コンクリート工事

松◯工業さんにバトンタッチした駐車場コンクリート工事も、硬化も早く仕上りはバッチリです。

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中