ピークを退けて

先週の水曜日の状態

最もらしい言い訳をして、抜け出した利根町の外周りブロック積みでしたが、今週本格化させて、終わらせてしまうシナリオです。

10時頃来る予定のコンクリート待ち

1段目のブロックは、ベースをコンクリートミキサー車で運んで貰って、一気に並べます。

ブロックに強度を加えたい時や、長距離の塀を積む場所は、生コンを注文します。

ただ

この暑さに加えて、コンクリートは2時間を経過すると、硬化が一気に進行するので、作業スピードを上げるか、硬化スピードに煽られない(あおられない)工夫が必要です。

走り出したら止まらない

さて、ブロック工事年間ランキングの第◯位?

10cm程度の厚みにコンクリートを流したら一呼吸し、そこから一気にブロックを並べます。

手前の直線(11m)はパートナーに、スネ雄は奥の左に折れ曲がったコーナー(4m)部分を担当。

60°くらいに曲がったコーナー部分を、ブロック2本の角を煙幕を吹き上げながら削って合わせ、加工したブロックを並べて連結して行く。

歩道とブロック塀の隙間や基礎の立ち上がりなど、カリカリのコンクリートを削ってモルタルを馴染ませるのは一苦労です。

2日目がスタート

下の段が決まれば、積み重ねるのも加工するのも楽チンです。

実質的に

この2段目が仕上げの段になるのですが、手前端とコーナーの2箇所で門柱の様に積み重ねる箇所があります。

フェンスの高さ(ブロック4本分)まで積む

この2日間も暑かったけど、風があって、身体にそれ程のダメージは残っていません。

ブロック塀の全容が浮かび上がり、仕上がりまで残り2日程度のところまで進みました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中