時は流れ

今月始めの事前工作から約2週間が経過、水槽内部の水切れ具合も丁度良さそう。

間口3.6m×奥行き1.8m×深さ1.2m

厚み12cmのブロックを4段積んでフレームとし、内側と外側にモルタルを塗り込んで防水性を高めてあります。

当初は水槽内でザリガニや川魚を飼う予定でしたが、旨く育たなかった様です。最終的にスイレンなどの水生植物に落ち着いたそうです。

やがて時は流れて

目的も興味も見失ない、邪魔で放置されてしまった水槽を、解体して処分していきます。

手前の枠を撤去後、水槽の中身を積む

中身の殆どは泥でも砂では無く、複雑に絡んで水分をたっぷりと含んだ水生植物の根っ子でした。

床にはまだ水が溜まっている

複雑に絡んだ根をバケットでむしり取り、軽トラ1台分にもなった中身を取り除いた後で、壁を削岩機や大ハンマーでガツガツ切り崩しにかかります。

コンクリートの土間の上に、ブロックを後乗せで積んである事に気が付き…

『土間のコンクリートを残す方向に』切り替えたものの、撤去するコンクリート片は1.5tトラック山盛り1台分に到達する。

ユンボのパワーを駆使しても簡単には

土間と壁(ブロック)の接続部で、水が入り込んで剥離していた箇所もありました。

コンクリート片は処分場へ運び、ブロック等の破片を集め、掃除やユンボによる地面の締め固めで任務が完了です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中