本題には届かない

店舗のバックヤード?にあたる場所に、目隠しの高さ1.6mの衝立て(フェンス2段重ね)をL字に回します。

階段からガスボンベに向かって

ポイント毎に置いたフェンスブロックに、レーザーレベルで水平の墨(GL)を出し、フェンスブロック(FB)を埋めます。

土だったら遣り方も出せて掘るのも楽々、コンクリートなら穴の補修も簡単でした。

今回は地面がアスファルト

と、言う事で、Fブロックの位置はピンポイントに、掘る穴の大きさは最小限を心掛けて。

3箇所を決めて曲がりを調整

先ずはコーナーを1本決めたら、両端の2本を掘って埋め、直角を確認する。

両端が決まれば、水糸を通し、真ん中のFブロックの配置を決めてゆく。

土を片付けて周囲を水洗い

回りくどい方法と営業時間に被らない様長めの昼休みを取った事で、フェンスBを埋めるだけで1日掛かりになってしまう。

仕上げは2日後、午前中に終わらなければ、店のアイドルタイムを狙って終わらせます。

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中