ドミノ式に

下塗りのモルタルが乾いた頃を見計らい、いよいよタイルの貼り替えに移行します。

ベタベタ塗られたシーリングを剥がし、浴槽脇の小さな土間(棚)を削岩機でガガガっと壊せば、立ち上がり部分のタイルがポロッと下地ごと崩れてしまう。

立ち上がりのタイルがポロッと

天端のタイル貼り直しの前に、立ち上がり部分をどうにかしないと、先には進めません。

ゼロどころではないマイナスからスタートに

ボンドとモルタル、最後は白セメント

一旦、剥がれた部分を撤去し

表面をカリカリ削り→ドライヤーで乾燥→ボンドで貼り直し→崩れた箇所にモルタル注入→白セメントを目地に詰めて、タイル同士の結束を強める。

そして

同型色の壁タイルを加工して貼り付け中

ここからが、本来予定していた始まりの作業となります。

土間下地が終了した後、タイルを並べる
目地を詰めて完了

手を加えたらドミノ式に、作業が増える可能を秘めたタイル補修が完結を迎える。

安堵したのも束の間

「折角だから、天井と壁(タイルより上は左官仕上げ)も直すのお願いしようかしら」

と、

漸く完成させたのに、『今この時点』での追加作業は勘弁して欲しいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中