穴だけで半日以上

古民家も終わりが見え始め、サッシの到着を待つ間、別な現場で外注の手摺りを設置してます。

門柱の奥と花壇に沿ってL字に

2019年度、種目別で9番目の手摺りの設置

https://home-renovate-ssk.crayonsite.com/p/3/

タイルを極力傷付けない様に、ホルソーで円柱状の穴7つ開けるのですが、この階段コンクリートが厚過ぎるのか?(ホルソーの)刃が1本オシャカになってしまう。

半日掛かりの穴開け作業が終わり

先ず、柱を立てて穴の具合をチェック

ドロドロに溶かしたモルタルを柱の穴に注入し、ブラケットと柱を取り付けて、それぞれの穴に刺し、手摺りをブラケットに通してゆく。

手前の手摺りの斜めの部分がポイント

奥はストレート、手前は手摺り(横棒)が3本あり、真ん中の斜めの手摺りが自然な感じに上下と接続するのに、請負主と何度もシュミレーションしました。

一応、見た目には完成して見えますが、ここからモルタル仕上げや後片付けで1時間以上

仕上がりの点検は明日の朝チェックするとして、最後は携帯電話のライトを頼る作業となりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中