レアな張り替え 牛久市

木製雨戸のベニア板張り替えスタート

表面がボロボロになった雨戸の張り替えをします。最近は『雨戸と言えばアルミ製の戸』ですけど、木製雨戸はその前の時代になります。

この頃の雨戸は、板が張り替え出来る様に『枠が取り外し可能』になっているのですが、時々外れない事もあるので、作業に取り掛かるまでは油断禁物です。

釘を抜いてから既存のベニア板を剥がす。表面にペンキが塗られて、強引に剥がすと枠を割ってしまうので、剥がす作業は意外と気を使いました。

ボロボロの板を剥がして、新規の板と差し替える

既存の板の大きさに合わせて、ベニア板をカット。溝に差し込み、当て木をして叩いて枠内へ。最後に叩いて外した縦枠を当て木をし、叩いて差し込んで横桟に釘留めすればOK。

釘留め後、ペンキの上塗り

現場に入る前に、ベニア板にペンキを薄塗りしておいたので、雨戸が組み上がったら仕上げの塗装を施します。

それを6回(枚分)繰り返す

2日目は午後から、6枚の張り替えが完了

残念ながら初日は、奥の3枚と手前の1枚の合計4枚仕上げるのが限界でした。最近、夕暮れが早くて、手前の高さ約2mの雨戸2枚は明日に持ち越します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中