好機は週1回

漏水の影響で腐食した畳下の床

週に1度の店舗の定休日を狙って、工事を始めて1ヶ月が経過します。

突如、湧き上がった木工事から派生した止水作業でしたが、何も起こらなければ今日が最終日になりそうです。

穴を開けた外部も同時に復元中

漏水が止まったのを再確認し、外壁の復元作業は相棒にお願いして、自分は店舗内の作業に没頭します。

板は勿論、垂木に束まで、ダメな部分は全て

漏水の最中に比べれば、大分乾燥した土間ですが、平均的な床下に比べてやや湿気がありそうと、心配そうな家主さん。

板は勿論、垂木も湿気による腐食やシロアリにかじられてグズグス。土間から水分をたっぷり吸い込んだ束も半分以上交換します。

家主さんが準備した除湿材

湿気で床板や畳の腐食の気になる家主さんが、防湿材を事前に用意。ビニールシートを広げて、その上に小石のような防湿材を撒いてから、床を復元してききます。

あとは板を並べてネジで固定するだけ

和室の床が終われば、この店舗の工事もやっと終わりが見えます。

明るい時間帯に畳下が完成。

だけど

前日、勢い余って余計な工事を増やしてしまった為に、ここから『タイルの補修』が始まり、薄暗くなるまでここに居続ける羽目になりました。

タイルの色も合って元通り

裏から給水を固定する際、ネジで穴を開けてしまったタイルも、同じ色があって元通り。

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中