後は他人任せ

鬼の居ぬ間に

内装屋さんが午前中、別な現場に行っている間に、左側の部屋を仕上げてしまう。

これで、お互い邪魔をする事無く、手元に集中して行けます。

肝心要な最初の1列目は、前日に加工は済んでいるのですが、この部屋はプラス畳1枚分くらいの廊下が存在しています。

フローリングの板は一定方向からしか釘で固定出来ないので、基準の1列目より手前の部分(写真から左)の廊下は、板の幅を逆算して張らなければなりません。

隣りの部屋に移行して

照明の光が届かない1mにも満たない廊下の加工を、『この部屋の1列目』から張り戻る事で廊下は完成する。

難所の廊下を張り終え、1列目もバチッと固定すれば、一気に…

難所の廊下を一蹴すれば

チグハグだった感覚も、時間と共に戻って来ました。現場の空気に慣れてきた先代の動きにもキレが出だす。

この現場は今日で終わるかも

残りの仕上げに向かう作業は、ノリノリの先代にお任せして、スネ雄は2階から不用な道具を片付けながら、携帯を弄って明日の段取りを進めます。

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中