浅はかだったと

先月末に行った床と壁の模様替えは、最低限のリフォームが希望の筈が、床と壁が綺麗になるにつれて他の部分も気になってしまう。

キッチンとの境にあるガラスの引き戸

こうなったら、家主さんが今後、『やりたくなるような場所』を、ある条件の下で選出してみました。

天井、フード、キッチンパネル、引き戸…

本当にやりたい事を曝け出し、「引き戸の交換は年内に、天井と換気扇フードは来月」と、期日も明確にし、その2週間後に引き戸の交換が始まります。

既存の真鍮(しんちゅう)レールからフラットなアルミ製Vレールへ。

既存の建具の数値を元に、新規建具を加工して行くのですが、木戸の取り付けは皆無に等しく、数日前に大工さんに重要なポイントを聞いておきました。

そのアドバイスを忠実に再現しながら、おっかなびっくりな1本(1枚)目、そこから要領を得た2本(2枚)目へと

地味で細かい、変化の乏しい作業を何度となく繰り返して、午前中に建具2本がレールの上を走る状態までにする。

さて、午後から建て付け(柱に隙間無くピタッとなる状態)を見たり、戸車や取っ手の取り付けなどの地味な仕上げの工程に移行。

曇りガラスぽい部分はアクリルパネルで、軽くて丈夫。

今日も引き戸交換に挑戦してみて、正直途中で、「(自分の)考えが浅はかだった」と感じる瞬間は多々ありましたね。

最終的に辻褄が合って、建具は捩れた柱にもピタッとハマり作業が完了。さて、公約を果たすべく次に向かいます。

およそ6m分の軒先天井張り替え
建具調整に苦戦した後、軒先天井の左側を仕上げる

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中