保険適応外

ドアノブ交換から始まった借家の修繕
軒先天井が一部剥がれて

常連の大家さんからの依頼で、賃貸物件(戸建て)の修繕を一気に行います。

必要最低限の修繕

前回は台風絡みの保険が適応される工事でしたが、今回は経年劣化による自腹を切って行う複合修繕工事になります。

シロアリに侵食された柱を

シロアリに食されスカスカになった部分をノミで削ぎ落とし、モルタルを詰め込み、柱を形成していきます。

大工さんだったら、こんな修理はしません。

詰め込んだモルタルが絡むように、ネジやラス網を固定し、時間の間隔を空けて2回に塗り分けして柱にしていきます。

1度、モルタルの塗り付けをして、水引き(周囲に水分が吸収されてモルタルが固くなる状態)を待ちつ間、別な作業(腐食した勝手口ドアにアルミ合板を貼る)を完了させる。

モルタルを詰め込んで復元

さて、

程良く固まったモルタルの上に、再度上塗りをして柱を形成する。

モルタルの硬化→数日乾燥した後、既存の柱と一緒に色付けしてしまえば完璧なんですが…それは、大家さんの判断にお任せします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中