人工木デッキ in 利根町

間口2.7m×奥行き1.2mのデッキと手摺り

今朝も極寒ながら、この現場で唯一『暖』を感じれる場所。

以前、手摺り付き人工木デッキを完成させた後、近所のKさんがそれを目撃して、出来栄えにとても関心を示した事が工事をする切っ掛けに。

デッキの仕上がりを逆算して

デッキ材を支える大引き(横棒)と束(つかは大引きについてる足)の位置を割り振ってから、仕上げの高さを逆算してから加工を施し、大引きと束を固定して立る。

デッキ材を並べて最終的チェック

1枚目のデッキ材を固定した後、デッキ全体の水平や直角をチェックしたら、板を順番に並べて金具で固定する。

デッキが終わればノルマ達成

前回のデッキに比べて、小さめなのもあり、そして、商品に対する免疫力が上がっている事などもここまでスムーズに来ました。

あともうひと息

ここから一気に手摺りの完成も狙えそうですが、この時期のこの時間(14時過ぎ)からの夕暮れは、あっという間で訪れは早いものです。

何本か柱を立ててみた

欲をかかず、翌日の完成を目指して、見えない部分の状況を進行させて、1日目を終えます。

翌日、無事に完成

「チョット、小さ過ぎたかしら」と、呟く家主さんでしたが、完成したデッキを目の当たりにして、「やっぱり、丁度良い感じだったわ」と、気に入ってくれました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中