リハビリ開始

2021年の業務が今日(実は5日から動いていた)から始動します。先ずは、昨年追加されたにも関わらず、「年内(2020年)は勘弁して下さい」と、許しを乞うた現場からです。

消化しきれなかった仕上げ作業
壁と床は貼り替え済み

天井のジプトン(天井材の名称)が煤けて(すすけて)いて、明らかに浮いてしまっているので、下地のベニアを張ります。

『浮いている』のは見た目だけではなく、長年宙吊りの天井材は、表面の紙が劣化釘の抜けなど若干見られるので

バチっと板張りする事で

クロスの仕上がりを向上させ、ベニアをビス留めする事で、天井の補強にも繋がります。

板張り終了後、照明を仮固定する

言い訳をさせて貰えるなら

ジプトンを残す事で、防火対策の効果は有効だし、ベニア板で耐震に僅かに貢献出来ていると思います。

先月だったら半日で終わらせたい作業でしたが、今年初の現場作業と言う事で、段取りも滅茶苦茶で身体のキレも無し。

1日掛かりで、正月休暇で鈍った自分には丁度良いリハビリになりました。

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中