異変に気付かず

賃貸物件の2階の天井が大変な状況になっている。

雨漏りに気付かず放置した結果…

借主さんが雨漏りに気が付くのが遅すぎた

見上げれば、天井全体に広がったシミと更に、部分的に剥がれ落ちてしまった板。

なるべくコストが掛からない修繕方法を選択します。

ベニア板で天井全体を覆う

既存の板が反ったり捲れたりしていて、板を1枚固定するのだって一苦労。多少の隙間や波打ちパテ処理でカバーしてもらいましょう。

パテ処理後、仕上げ作業へ

クロス下地となるベニア板を細かくネジ留めし、雨漏りや重力で垂れ下がった天井と垂木の結び付きを強めて仕上げ作業へ。

クロスを張って終了

ここからは、内装屋さんによるパテ処理とクロス張りが終わったら完了。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中