コケちゃいました

手摺りが無い、やや勾配のキツ目な階段に、手摺りを設置します。

向かって左側の壁に手摺りを設置する

依頼主さんはまだ若い方ですが、階段で降りる際、何度か足を滑らせヒヤッとした経験がおありだとか。

いつものように、手摺りを固定する部分に板を貼りつけて、本題に突入。

壁が合板プリントで、桟が通った位置も釘が見えて分かり易い。

木工ボンドがはみ出てるのは御愛嬌

板が内壁に馴染むようにボンドとネジで固定して、ブラケット(腕木)を等間隔で配置。

(手摺りの)握りを乗せてネジで固定していけば完了。

それから

手摺りに加え階段に水色丸が滑り止め

追加注文された階段部分のスベラーズ(滑り止め)をペタペタ貼り付ければ、上段からの転落防止対策はバッチリです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中