効果的なリノベーション

「何故、窓の内側にまた窓を付けるのか?」それは…室内の熱を逃がさない為です。

およそ高さ80cm×間口170cm×奥行き40cmの出窓

正直、始めの頃は

「手前に窓付けたって、あんまり変わんなくねぇ」と、思っていたし、「手前に窓があると開け閉めが面倒」では?と…

威力は想像を超えてる

(内窓が)無かった時と、付けた後では、体感差は想像以上でした。

窓が結露するのは、空気の温度が低いと沸点も低くなる為、空気が窓で冷やされ飽和して水滴になるから。それを解決する方法とは?

ウチの営業スタイルとして『やらなくて済む』リフォームは強制しませんが、『効果が分かりやすい』リノベーションはスススッと推していきます。

イ○プラスサッシを取り付けて、出窓内で空気の層が出来上がる。

ここの家主さんも、「タイル貼り浴室がとても寒い」と、漏らしていたので、以前から内窓取り付けを推していました。

今シーズンの冬は

冷え込みがキツい日が多いので、内窓の効果を実感してもらえるチャンス。お客さんの体感レポートをよく聞いて、あなたにシェアして行きます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中