希少な 雨戸

f:id:gyu-ryu-a3:20210210212340j:image
昨日苦戦を強いられて張り替えた雨戸

「最近雨戸が重いのよ」と雨戸の入れ替えか板の交換を迫られ、昨日から始まった雨戸のベニア板を交換する作業の続きをしていきます。

f:id:gyu-ryu-a3:20210210212513j:image
二重張りの雨戸は、表面を剥がせばボロボロ

数年前に、家主さんが雨戸の張り替えを試みたようで、板が二重になってる戸もあり、重さの原因にもなっています。剥がす作業は結構面倒。

桟や枠組みを壊さないように、釘を抜き、ボロボロな板を崩し取り、新規のベニア板に差し替えていく。

f:id:gyu-ryu-a3:20210210212914j:image
既製品では縦に30cm程足らない

雨戸は縦2mを越え、既製品では長さが賄えず、途中で繋ぐ必要がありました。4枚も張り替えすれば、要領も得て、作業の効率UP

長年の摩擦で敷居が削れ、雨戸の上枠が外れや引っ掛かりする戸もあり、枠に桟を付け足して建て付けも調整。

f:id:gyu-ryu-a3:20210210213044j:image
茶系のペンキを薄ーく下塗り

戸の自重も軽くなり、開け閉めもスムーズになりました。最後にベニア板に水性塗料を薄塗りして、養生期間を設けて、次回は仕上げ塗りと雨戸スベリを施します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中