規格外

タイル貼りの門柱に埋め込まれたポスト。

つくば市にてポストの交換

既存のステンレス製ポストを叩いて引き抜き、アルミ製の深型ポストと入れ替える。

ここで問題が発生

実は、この既存のポストは企画の物より10cm幅が広く、タイルの厚み分塀の厚みも増していて、新規ポストが上手く収まるのか(現場視察無しの写真で判断)?も心配された。

ステンレスポストは叩いて引き抜く

見た目の問題は、依頼者にしっかり説明をして了承を得て、厚みの件も何とか大丈夫そう。

と、言う事で、

既存ポストを叩いて潰し、引き抜いた後、新規ポストをセット。

タイルの目地に沿って、真ん中に来るようにポストを配置し、両サイドをモルタルで固める。

モルタルだけでは、押し込んだ瞬間に裏に抜け落ちてしまうので、ブロック片と絡めて隙間を埋めていく。

白く映るのはブロック片

昼休みを経て、塗り付けたモルタルが固まったのを確認し、午後から上塗りをして、表面を平に仕上げ、目地を引けば完成。

モルタルが硬化→乾燥した後に、タイルに似せた色を付ければ、更に雰囲気が出て良いです。

表面に目地を引けば雰囲気変わります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中