自宅は後回し

青線の辺りで雨漏りがしていた

シーリングだけで処理するつもりで、小手先だけの対応で3年が過ぎました。

手を掛けても、掛けても、一向に収まる気配を感じない雨漏りする倉庫。

去年の秋にトドメのシーリングと称して、トタン同士の繋ぎ目に打ち込み、その1箇所から水敵がタラリ。雨漏りの大元の原因はここでした。

シーリングを引きちぎると水滴が

トドメのシーリングのお陰で、トタン1枚剥がすのにとてつもなく時間(30分くらい)が掛かった。

全て剥がさず、悪い部分だけの張り替えに

そもそも、釘穴の空いたトタンを屋根に使用

4mもあるトタンが勿体ないなぁ」と、20年前に倉庫を増築した際、剥がしたトタンを使い回ししたのがこの闘いの発端。

シーリング塗れのトタンを1枚づつ張り替え

あらゆる釘穴にシーリングしたが、その場凌ぎは限界に来ていた。

真ん中の3枚分を新規に

今日は午後からの作業だったので、もしもの雨に備えて、トタンを新旧入れ替えを済ませた時点で終了。釘撃ち&仕上げ作業は明日行います。

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中