お手上げです。

雑草が蔓延り、管理しきれなくなった敷地

先ずは表面を削り、石や切り株と根などを選別し、残土を地続きの空き地へと運び込む。

高い部分を削り平にしたら、全体的に眺めて土間の勾配の見た感じを眺めて、また高い部分を削る。

The.目分量…周囲は「そんな適当で大丈夫と顔をしかめます。

ブロック塀と建物の際から削って行く

その動作を繰り返し、範囲を徐々に広げて平にし、重機を走らせながら削った部分を踏み固めする。

おそよ40平米あるので、掘削は1日掛かりになってしまう。

トラック2台分の残土、撤去した切り株、重機で締め固められた地面

大まかな形が出来たら、翌日は水糸を張りコンクリートの厚みを確保するよう整地作業に移行です。

奥、真ん中、手前と定木を固定する。

水勾配は左から右、そして中央は高く

3箇所に割れ止め兼水を流す窪みを設け、そこを目安にコンクリートの厚みを確保しつつ、砕石を撒いて行く。

定木に対して横に水糸を通して砕石の厚みを調整

奥はガッツリ重機で掘ったので砕石をたっぷり投入しますが、手前は車でよく締め固められていたので、表面をカリッと削っただけ。無駄に残土を出さず、砕石も必要最低限の量。

バキバキにヒビが入った既存のコンクリートを撤去

既存のコンクリートで、割れが酷い箇所のみを剥がして、コンクリートを打ち直しする予定です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中