陥没の原因を追及

激しくタイルが劣化している玄関前の踊り場

タイルの割れや剥がれ、足元の隆起、隙間が目立って、苔などが顔を出す床。

タイルを剥がして下地の状態をチェック

タイルと下地の隙間に雨水が侵入する様になり、下地は風化して土の様になり、ほぼ半分のタイルは他愛無く手で捲れてしまう状態。

思い切ったタイルの一面貼り替え

陥没箇所を探り、タイルとコンクリートに仕分け

初日は状況チェックを優先とし、表面のタイルを剥がして、コンクリートを割りながら、陥没箇所を確かめていく。

タイルとコンクリートを分別していく

状況把握したところで2日目は不用品を回収して、タイル下地(コンクリート)を流していく。

プレートで締め固め後、割れ止めやアンカーを挿す。

陥没箇所に、タイルやコンクリート片を投入して、大ハンマーやプレートで何度も締め固めした後、漸く本題へ突入。

土間とおまけのモルタル補修も完了

土間にコンクリートを流すついでに、欠けや割れがあるモルタル部分の補修も同時進行。

これで

1日養生期間を経て、仕上げのタイル(300角)を貼ります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中