対応年数を過ぎた壁

先日、実家の雨漏りの止水作業中に気付いた事、それは、白錆が浮き、外壁の塗り替えの時期を迎えていた事。

白い建物の正面と左側(ベランダ)を塗り替える

白錆(シロサビ)とは?

アルミニウムや亜鉛の表面に見られる、触ると手に付着する「白い粉」のような物質のこと。雨や露で濡れて容易に乾燥しないような場所や、それらを腐食させる物質(強酸性物質,強アルカリ性物質,有機酸,食塩等)が付着すると発生します。(一部抜粋)

そう言う訳なので

面倒だけど、先ずは単管で足場を形成、そして、ペンキ塗り替えの準備作業に入ります。

足場の組み立ては、現役を引退した彼にも手伝ってやもらう。

現場では極力、足場を組まない主義を貫いているので、いざ使おうとする単管やクランプ、腕木などは埃と赤錆にまみれています。

必要最低限の補強をし、揺れを軽減

さあ、頑丈な足場が出来たら、外壁の掃除→養生→下塗り→上塗りの順に進めてます。

正面をマジックロンで研磨し、刷毛で掃き出す

「今時、手作業?水洗いした方が早くねぇ?」なんて言われちゃいそうだけど、壁の状態も良いから、ササッと掃除したら即、下塗りに入ります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中