牛久市で 蚊に襲撃される

小雨の降り続いていた前日。その翌日は、夏を感じさせる陽射しを避け、廊下のフローリング工事を2日間で終わらせます。

3平米程の曲がりくねった廊下

廊下は、面積が少ないけど部屋と比べて手間暇が掛かる工事です。さて、最初に登場する難所は…

上り框(あがりかまち)の加工

半端を使用して両サイドの収まりを型取りする

框の一部を切り取り、両サイドの型を作ったら細工を施し、長さを切り詰めて、既存の框の上にパカっと被せてみる。

框がピタッとハマれば完了

フローリングの張り出し

型取りから固定までに1時間ちょっと

別なサイトで紹介したんだけど、読者から酷評だった床の張り出しの解説。特に廊下は狭いし、壁が凸凹で、凄く面倒で大変です。

1列目の板を型取りして加工して、この暑さで活動を再開した蚊の奇襲をかわしながら、たった2枚の板を固定するのに1時間を超えてしまう。

釘留め出来ない2〜3列目は仮釘で固定

出だしの1列目を固定出来たらたら、2〜3列目は型取りをして「いっせ〜のせ〜で」で、同時にバタンと嵌め(はめ)ないと、狭過ぎて上貼りは出来ない。

玄関から隠れた部分

作業の難しかった部分が終われば、後半戦は半端フローリングの上貼りと、片付けながら隙間を埋めるシーリング作業です。

型取りから始まり、幅木や見切りの厚みを取り除き、板を実(サネ)に差し込んで、またカンナなどで板を微調整する。

作業終了。

やっぱり廊下のフローリング張り替えは面倒でした。だけど、選んだ色も良く、玄関が明るく見えるし、床の『浮き沈み』も解消して、家主さんも喜んでました。

帰り際に「玄関ドアの塗り替えは?」なんて言われて、遠くを見つめてしまいましたが…帰り掛けに、気になっていた欧風菓子屋さんでお土産ゲットして帰ります。

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中